LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

何て言って、会社を辞めた?【表向きは、親の介護】

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には150名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、何て言って、会社を辞めた?です。
結論というかお伝えしたいことは、表向きは、親の介護です。

 

 

時折、ご紹介しますが、50代セミリタイアをテーマにしたブログが、ここに集まっていて、共感を感じながら、普段からよく読んでます。
先日は、何て言って、会社を辞めようか迷ってる方がいて、それで、自分のことを思い出しました。

わたしが会社を辞めたのは5年前ですが、そのとき、わたしが何て言って会社を辞めたかというと、「親の介護」

実際、
・父親が抗がん剤の副作用で寝たきり状態になる
・母親に認知症の疑い

という、ダブルの出来事が発生。

お爺さんを介護している女性のイラスト

 

つまり、むろん、事実ですが、わたしの、本当の理由(気持ち)は会社員で居続けることの不安でした。
でも、そう言うとツッコミどころが出るので、表向きは、親の介護にしてました。

それで、当時を思い出すと、良く聞かれたのは、むしろ、「辞める理由は?」ではなく「辞めて次はどうするの?」でした。
普段、付き合いが無い人からもそういうメールが突然、やって来て、関心の強さがうかがえました。

 

ちなみに、わたしと同じタイミングで辞める人が2人いましたが、それぞれ転職先として、公務員とライバル企業 を確保されてました。
その点、わたしは、「次は考えてない。3ヶ月くらいは、介護に専念する」と返事してて、ただ、これも表向きで、本当は、せどり

せどりは始めて2か月目でしたが、うまくいくイメージしかありませんでした。
※実際、うまくいきました。

 

それから5年経ち、今に至りますが、目下、直面しているのは、改めて、母親の介護問題
来年2月から親元(福岡県久留米市)に住むことを決めました。
東京には、2か月に一度、1週間だけ帰ってくるサイクルにします。

嫁とは別居になり、嫁はかなりさびしい様子を見せましたが、納得してくれました。
これには感謝しかないです。

台湾の夜景のイラスト(背景素材)

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
話を戻し、会社を辞めると、上司に告げたとき慰留はされませんでしたが、なぜか、周りへの発表は「松尾さんは一旦、会社を離れられる」
復帰前提になってて、不思議でした。

ただ、それより、もっと不思議だったのは同じ上司より「辞めたあとはアルバイト待遇で、いまの仕事を続けないか」と、提案されたこと。
要するに仕事は同じだけど給料は大きく減少。

なんじゃそりゃー、と思いましたが、おくびにも出さず丁重にお断り。
内心はそれどころではなく、会社を辞めることでのすがすがしい気持ちに満ちていました。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル 入門編』(無料です)
 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。
▽現在、感想いただいた方全員に、アマゾンギフト券(500円分)をプレゼント中です。2021年12月31まで(ご好評につき延長しました)。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には150名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2021 All Rights Reserved.