LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

生きづらい人が、生きやすい世の中をつくる【心に沁みた言葉】

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、生きづらい人が、生きやすい世の中をつくる、です。
結論というかお伝えしたいことは、起業家の精神です。

 

 

先日見た、こちらの番組では、一度、話を聞いてみたかった家入一真さんがゲストでした。


家入さんは、引きこもりから連続起業家へという経歴の持ち主。期待通りで、いくつもの言葉が心に沁みました。

なかでもいちばんは、”生きづらい人が生きやすい世の中をつくる”、それが起業家の精神である、という言葉。
世の中には生きづらい状況がたくさんあり、自分と同じ状況を抱える人が、たくさんいるに違いない。
だから、そんな人のために行きやすい世の中をつくる、と。

 

ひるがえって、わたしの「隠居生活」も中高年サラリーマンの、会社組織に居続けることの生きづらさを抜け出して、組織内の自分の立場に悩むことのない、ひとりでやれるスタイルの提案、といえます。自分に置き換えて、お話をきいていて、家入さんに意味づけをしていただいた気がしました

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
一方で、改めて起業の難しさを考える機会にもなりました。
千三つ(せんみつ)という言葉、知ってますか?

起業の成功は千のうち、三つ。
つまり、成功率0.3%という意味。

わたしがうまくいったのは、せどりというモデルの選択をはじめ、いろいろな状況で、良い選択をしたことを改めて思わざるを得なかったです。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2021 All Rights Reserved.