LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

Amazonガイドライン変更に思うこと

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には110名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは
このところ、
話題騒然の
Amazonガイドライン
変更の件です。
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
Amazon側に立って、
考えてみましょう、です。
 
具体的に言えば、
Amazonも
自分の利益を
損なうことには
対策に乗り出すのも
無理もない、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このところ、
話題となっている
Amazonガイドライン変更の
件です。
 
内容はご存知の方も
多いと思いますので
割愛します。
 
ちょうど新着レポートが
出ましたので、
こちらに譲ります。
↓↓↓
ここをクリック
 
 
 
 
 
 
 
 
それで、
私が思うことですが、
 
まず、
刈取りという手法は
自分はやっていませんが
隙間を縫った巧妙な
手法と思っています。
 
(ポジティブに
 見ていました)
 
 
 
 
ただ、少し前に
読んだ事例で、
 
Amazonから
真贋追及を受けた
出品者が
 
自分はもともと
Amazonから
仕入れたものを
販売しているので
 
この場合の責任は
もともと売っていた
Amazonにあり、として
追及をはねのけた、とあって、
 
引っ掛かり感じたことが
ありました。
 
 
 
 
 
 
つまり、この事例で
 
Amazonとしては
苦々しい気持ちを
残したとともに、
 
刈取りが
Amazonにとって
利益を損なう
一因になっていると
再確認する機会になって
 
今回のような対策に
乗り出すのも
時間の問題と感じてました。
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは、次は
中古に何らかの
対策が出てくるのか、ですが、
 
私は今のところ、
思いつかないです。
 
 
例えば、中古でも
今回のように
仕入れ先を
身元のしっかりした
”事業者”限定にすると、
 
そもそも中古商品を
保有するのは、
一般消費者の
一個人ですので、
流通そのものが
成立しなくなって
しまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
それどころか
よくよく考えると、
別の視点が入りますが、
 
時折、古物商免許取得が
中古販売セラーの
必須条件になるのでは
という観測についても
 
私が以前、警視庁が開催した
古物商免許の説明会に
参加したときには
 
制度疲労感と
ネットへの対応の立ち遅れ感を
感じましたので、
 
おそらく
全く異なるスケール感で
事業を進める、
Amazonは歯牙(しが)にも
かけないのではないか、と
思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、だからといって、
中古販売が、この先、
ずっと安泰とはいえなくて
 
どの方向からリスクが
やってくるのかは
分からないので、
 
常に感度を高め、
情報収集を怠らないことだと
思います。
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
今回のことでの
中古セラーにとっての
向かい風は、
 
これまでの新品セラーが
中古セラーに鞍替えする
ことでの競争の激化です。
 
せどり(Amazonせどり)は
基本的には、
セラー同士の競争ですので、
 
プレイヤーが増えることで
仕入れや販売に
影響してくることは
間違いないです。
 
さらにいえば、これは
Amazonにとっては
歓迎すべきことに
なります。
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には110名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2017 All Rights Reserved.