49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

情報発信で一番大事なことは?

  
\ この記事を共有 /
情報発信で一番大事なことは?

ここでのテーマは、情報発信で一番大事なことは?です。
結論というかお伝えしたいことは、常に成長していないといけない、です。

 

 

先日、せどりのセミナー(『せどりEXPO』)に参加しました。情報発信の話もあったので自分なりに考える機会になりました。わたしも、情報発信歴は約2年半、実績(収入)は手取りベースで累積約1千万。セミナーでの講師の方々との比較では全然たいしたことはないですが、上手くいっていないというほどでもないです。

 

それで「情報発信は誰でもできますよ」と、よくいわれます。たしかに資格や条件などはなく、誰でもできますが、重要な隠れた前提があり、それは、常に成長していないといけないこと、です。別の角度からいえば「実績や経験無くて大丈夫ですよ」とも、よくいわれますが、確かにスタート時点では無くてもよいです。が、いつまで経っても、実績や経験が無い状態では、ダメです。日を追うにつれて、実績が出ているさま、あるいは実績は出てなくても成長しているさまが見えないと、立場を変えて、読者にとっては、読む意味や価値がないというものです。

情報商材のセールス場面では、間違っても語られない部分ですが、本質はこのあたりにあります。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
さらに、もう1つだけ掘り下げると、常に成長している情報発信者になるためには、何をすればいいのか?これは、圧倒的なインプットです。キングコング西野さん、バンコク在住のマナブさんをはじめ名だたるインフルエンサーが異口同音にいわれます。

もっとも、せどりの情報発信であれば、日々、試行錯誤していることもインプットになります。ただ、シビアですが、成功しないとダメです。途中では、何度も失敗したけど、最後は成功した。そういう経験を見せて、「失敗は成功のもとです」的なことを言って初めて、真実味が出てきます。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.