49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

もう一度会いたい人

    
\ この記事を共有 /
もう一度会いたい人

今日は、父親の1周忌で
3か月ぶりに
福岡県の実家に
帰省しています。
 
せどりとは
関係のない話に終始しますが
よろしければお付き合いください。
 
 
 
 
 
 
前にも書きましたが
 
私は1年前の
父親の死に際し
 
それまでは、そうした
気持ちの近しい人との別れでは
1分1秒でも
長く生きていてほしいと
望むものかと思ってましたが、
現実は、まったく逆でした。
 
死の間際に会って、
残念ながら
とても苦しみましたので、
ただひたすらに早く
安らかにと願いました。
 
 
 
 
 
 
なので、
臨終の場面では
悲しい気持ちよりも
ほっとしました。
 
気丈を保っていて
悲しみがこみあげないと
いうのではなく
ひたすらに
安堵する気持ちが
当時は
まさりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
その意味では
この1年は、
生前、
ふつうに元気なときの
さまざまな様子を
脈絡なく
思い出すことが
ありました。
 
 
 
 
1周忌というのは
気持ちの整理がついて、
 
ようやく故人を
悼むことができる
タイミングかも
しれません。
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
雑感みたいな話で
すみませんでした。
 
 
 
 
P.S.
 
辻村深月さん著作の
「ツナグ」という
小説では
ここをクリック
たった一度だけ、
一人だけ、
死んだ人と
会わせてくれる
仲介人の
話があります。
 
 
 
 
そして、
小泉今日子さんが
この本の書評で
 
自分だったら
誰に会いたいかと
考えたときに
 
亡くなった人への思いは、
亡くなってから
別の時間で、ずっと
深まっていくものだから
会いたいとは思わない、
 
と、書かれていて、
同じように思いました。
 
 
 
 
けれども
永眠したペットには
会いたい気がする、と
書かれていて
その点にも共感しました。
 
私も同じく昨年見送った
愛犬にはもう一度、
会いたい気がします。
 
何だか
いまだに喪失感が
強いです。
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき
ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2023年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:61ページ
発刊日:2023年1月27日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2023All Rights Reserved.