49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

松尾幸典は怪しいという評判【わたしもメジャーになったものです】

  
\ この記事を共有 /
松尾幸典は怪しいという評判【わたしもメジャーになったものです】

ここでのテーマは、松尾幸典は怪しいという評判です。
結論というかお伝えしたいことは、わたしもメジャーになったものです。

 

 

先日、ある連絡が来ました。本人のところにも来るんですね。こちら、掲載しました、と。よく調べもせず、ネガティブなことを一方的に書かれているので誹謗中傷にあたるのかもしれません。

↓↓↓

でも、わたしが最初に思ったのは「わたしもメジャーになったものだ」です。こういうのに掲載されたのは初めてです(※調べたら、このサイト、月間ページビューが10万くらいありますね。この数字はすごい)。

 

ただ、書かれていることはけっこう雑です。主張は大きく2つ。

(1)アマゾンせどりはリスクある
(2)松尾幸典は介護疲れしている
あっちゃー、全然違いますけどね。一応、反論してみます。

(1)は、せどりのことを知らなさ過ぎます(※無理もないですけどね)。リスクがある理由としてアマゾンは規約変更が多く伴ってアカBANされることを挙げられてました。

が、それはまさに雑な話。そんなの、もし何かあっても個々のパターンごとに対処すればよいだけです。

そもそも出品者はアマゾンのビジネスにとって必要欠くべからざる存在です。そのことを踏まえたうえで規約違反しないようにすればよいだけです。

 

(2)は、わたしのYouTubeをご覧になったみたいです。
↓↓↓

そして「表情が明るくない。疲れが見え隠れ」してる。なので「松尾氏の隠居生活は優雅なものとは言い難い」。すごい決めつけ・笑。

でも、YouTubeでのわたしの表情はそんなふうに見えるのですね。それは自分では分かっていなかったです。わたしは昔、せどらーには珍しい”脱力系”と言われたことがあります。

そして”それが好印象”ともいわれたので、持ち味にしてきた面があります。それが、素の自分でもあります。

 

他にも、掘り下げたいところがたくさんありました。それぞれに反論(コメント)したいくらいです。でも、それは、さすがに過剰反応しすぎ、と思いましたので、控えます。

それにしても、文字数にして1500文字くらい書いてあります。わたしごときにそんなに時間と労力をかけていただいてありがたいです。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。
それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(NEW!2022年版です)
 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】

 

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2023年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:61ページ
発刊日:2023年1月27日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2023All Rights Reserved.