49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

せどりの次は?

  
\ この記事を共有 /
せどりの次は?

ここでのテーマは、せどりの次は?です。
結論というかお伝えしたいことは、ずっとやりたかったことをやる、です。

 

 

先日、Amazonを見ていて、興味をひかれたこちらの本
↓↓↓
[ジュリア・キャメロン, エマ・ライブリー, 菅 靖彦]のいくつになっても、「ずっとやりたかったこと」をやりなさい。

読んでみるとなかなかの良書でしたよ。
タイトルがいいですね。

「ずっとやりたかったこと」をやりなさい、と。

 

思えば、わたしがずっとやりたかったことは文章を書くこと。
そして、いくらかでも読んでいただけたらよいな、と思ってました。

それでいえば、ありがたいことに、このブログは、月間PV6千くらいです。
ブログとしては弱小ですが、時折、反響もいただきますので、十分です。

 

折しも、インフルエンサーのイケハヤさんがこんな本を出されていて
↓↓↓
[イケダハヤト]の文章で飯を食う方法。 ~文章だけで年 1 億稼ぐ!「売れる文章術」完全解説~ (イケハヤ書房)

読んでみると冒頭で

・一昔前は「筆一本で飯を食うこと」は極めて難しかった。
・編プロや新聞社に就職するか、作家デビューするしかなかった。
・しかしながら、今は違う。
・ブログ、note、電子書籍など文章で稼げる手段がいくつもある。

と書いてあり、改めて、今は、選択肢が増えている時代であることを感じました。

 

わたしがもっと年を重ねて、例えば、10年後とか、せどりの次は、細々とでもいいので、文章を書くことで暮らしていけたらいいなと思ってます。わたしの、昔からのひそかなロールモデルは小説家の森敦(もりあつし)さん

62歳で、文壇の新人賞である芥川賞を受賞されており、「東に森敦(もりとん)在り」と知る人ぞ知る、強烈な存在感を放っていたそうです。

わたしにとって、先々のひとつのプランです。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
最初にご紹介したこちらの本(『いくつになっても、「ずっとやりたかったこと」をやりなさい。』)ですが、実は、対象は中高年で、特に、長年勤めた会社をリタイアした人がど真ん中です。

リタイアしてすぐに、直面する困惑や鬱(うつ)に対し、新たな生活習慣(ルーチン)を作りましょう、と提案されています。
会社を辞めて、漠然とした不安に取りつかれている人には、絶好の本です。

該当の方はぜひ読んでみてください。救われます。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内   せどり塾「ID WORKS」【50代向けです】
 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.