LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

結局、せどりって何が良いのですか?

ここでのテーマは、結局、せどりって何が良い?です。
結論としては自分でお金を生み出せることに尽きる、です。

 

わたしは2016年3月に会社を辞めましたが、最近、次第に会社員の記憶も薄れ、今では、時折、会社員ってラクなのではないのか、と思うことすらあります。
毎朝会社にでかけ、毎晩家に戻ってくることで、毎月、決められた日に給与が振り込まれる。
実態とかけ離れ、会社員の苦労が実感できなくなってきてます。

 

そんななかでも、はたと気づき、思い直し、揺るがないのは、せどらーは自分でお金を生み出せるという点で会社員とは歴然とした差があることです。
会社員は、特にわたしの年代の会社員はリストラにあう可能性も高く、さらには再就職が困難で、とたんに収入がとだえます。(失業保険はあるにしても)

 

せどりで、安定的に稼げるようになるとそうした不安から開放されます。
そして、さらに言えば、時間にしばられないのも良いことで、わたしは、最近は、せどりの他、メルマガを書いたり、ブログを書いたりに時間を使っていますが、それでも、夕方くらいからは自由時間で、相変わらず、午後7時くらいからは布団に入ってます。

ひとたび、せどりで安定収入を得られるようになったら(そこまでの道のりはそこそこあるにしても)、今後の人生を生き抜いていくのにも、だいぶ有利に思えます。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
話はもどり、午後7時くらいからは布団に入ってますが、最近は、本を読んだりして意識的に勉強しています。

会社員の勉強時間はこちらのデータでは、1日1時間以上勉強している人は全体の10%ということですので、せどりを短時間で済ませて勉強時間も確保できれば、ますます差がついて、稼ぐ力が高まっていくという良いサイクルに入っていけます。

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.