LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

Amazon倉庫への納品ができない??

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、Amazon倉庫への納品ができない??です。
結論というかお伝えしたいことは、日本のAmazonは頑張ってほしい、です。

 

 

件名の「Amazon倉庫への納品ができない」というのは、先にお伝えすると、米国とイギリスのAmazonのことです(件名が”フリ”になってて、すみません)。該当のニュースがこちら
↓↓↓

 

そして、Amazonからの実際の通達がこちら。※米国Amazonセラーの方から入手しました。
↓↓↓

 

海外でよかった、ですが、日本への飛び火も想定しておかないといけないです。
もし半月間、Amazon倉庫への納品ができないということになったときの影響と対策ですが、

・まず、現在の在庫を持っていれば売上がゼロになることはない。
・しかし、半月間仕入れをせず納品しなかったら、タイムラグを伴って、その分の売上がダウンすることは間違いない。
・なので、仕入れは止めることなく続けて、どこかに一時保管しておく。

こんな感じかと思います。

 

そして「どこかに保管しておく」の「どこか」というのは、わたしでいえば納品代行社。納品代行社は、その間、作業がなく売上がゼロになるわけなのでせどらー(出品者)よりも大きな痛手。そこで、保管費用を安価にしていただくよう交渉をして、仕入れ商品を一時保管してもらうのはお互いにとって利益があるので落としどころではないか、と考えています。

 

ネットでは、Amazonの判断は”素晴らしい経営判断”と賞賛されていますが、消費者にとっては素晴らしくても上でご紹介しましたAmazonの通達にて「出品者様のビジネスに影響する変更で容易な決定ではなかった」とあるように蔭にいる出品者にとってはAmazonの認識通り、大変シビアな状況

そして、さらに進展すると、消費者にとっても良いことはなくて納品を止めると次第にAmazonでも在庫切れが起こってきます。そうなると、Amazonの規模は国全体への消費悪化にインパクトを与え、さらなる不景気を巻き起こしかねないです。その点でも、やはり、せめて日本のAmazonは何とか踏ん張ってほしいですね。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。
それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.