49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

せどりの進化形、○○に仕入れてもらう【ロボットです】

  
\ この記事を共有 /
せどりの進化形、○○に仕入れてもらう【ロボットです】

ここでのテーマは、せどりの進化形、○○に仕入れてもらう、です。
結論というかお伝えしたいことは、ロボットに仕入れてもらう、です。

 

 

「仕入れられない」は、せどらー永遠の悩みです。
それに対し、とても興味深い記事がこちら

 

解決策は、自分の代わりにロボットに仕入れてもらうこと。
実際には「ボット」というツールを使います。

商品の販売サイトを常に監視し入荷があったら即、購入。
これが自動化されます。

 

せどらーの立場からは夢のようだ、と思うかもです。
が、これ、米国では現実になってます。
「グリンチボット」という名前のボットです。
実際、PS5(プレイステーション5)が大量に買占められるなど、社会問題化しています。

 

それでは、日本はどうか?
記事によると、すでに上陸してきてる気配ありです。
そうなると、意外と、すぐにやってくる未来という感じがします。

俯瞰すると、業界を進化させるのはテクノロジーです。
せどりも、ツールとともに進化してきた側面があります。

未来のせどらーは、みんな、ロボット仕入れをしているかもです。
そんな状況が普通にやってくるかもしれません。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
ちなみに、これ、せどりツール開発者にはワンチャンありです。
グリンチボットの日本版をつくり、シャアをとると間違いなく一獲千金です。
※でも、これ、わたしが思いつくくらいなので、すでに誰かやってるでしょうね。

 

P.P.S.
記事中で、”店舗せどりは時代遅れ”とされていたのが興味深かったです。
具体的には「転売業者は”昔のように”店舗を回ることを余儀なくされる」。

ん?昔のように?
昨今、コロナ禍もあって、ネットでの買物がどんどん増えてます。

そうなると、より一層、電脳せどりを極めることに”選択と集中”していくこと。
それが、戦略として正しい気がしますね。

日本は、まだまだ店舗せどらーの方が多いです。
なので、電脳シフトの流れに乗り切れるかどうかです。
それが、稼げるせどらーでいつづけられるかを分かつ気がします。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル 入門編』(無料です)
 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2021All Rights Reserved.