LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

値付けにポリシーを持つ

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
価格政策です。
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
値付けにポリシーを
もちましょう、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
中古家電の
買い手である
お客さんのニーズは
 
大きくいえば
・安く買いたい
・高くても、
 良いものを
 買いたい
に、二分されます。
 
 
 
 
一方で、
売り手である
せどらーは
 
できるだけ
高く売りたい、
 
というニーズ(気持ち)が
あります。
 
 
 
 
これらの3つが
満たせたときに
双方にとって
良い結果が
もたらされる、という理屈で
 
私の基本的な
価格政策としては
 
価格2番手のポジションで
アマゾンの売り場に
出品することにしています。
 
 
 
 
 
 
お客さん都合だけで
考えると、
 
最安値で
良いものを
出品することですが、
 
それでは、
売り手としては
利幅が出ないので、
 
2番手で出して
その分の利幅を稼ぐと
いう考え方です。
 
 
 
 
 
 
 
 
値付けについては、
都度、仕入れ商品の
仕入れ値や状態等に
依存しがちですが
 
せどり数字の
コントロールのためには、
 
自分でポリシーを持って
仕入れに反映させていくという
逆のアプローチも必要です。
 
難易度が高いかもしれませんが
自分なりの値付けのポリシーを
持たれることをお薦めします。
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
 
 
 
 
P.S.
 
しかしながら、
上述しましたのは
基本的な価格政策であって
 
実際には、
例外も多々ありますし、
前提が変われば
方針も変わります。
 
もし採り入れられる場合、
手法(=2番手売り)を
そのまま、
採り入れるのではなく
考え方を
採り入れてください。
 
すなわち、
お客さんには
・価格ニーズ
・品質ニーズ があり、
 
自分には
・高く売りたいニーズがある。
 
これらの3つの
折り合いをつけるには
どうしたらよいのかという
考え方です。
 
 
 
 
 
 
かくいう私も、
自分の実績データを見ると
価格二番手で
売ったのは
全体の2割です。
↓↓↓
ここをクリック
※昨日示したデータの再掲。
 
 
これは、まだまだ
狙った通りに
結果がついてきて
いないことを
示しています。
 
 
 
 
 
 
もっと完成度が上がったら
具体的な有効手法としても
ご紹介しますので、
 
ここでは
価格政策を持つことの
意味合いを
感じ取っていただければと
思います。
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2017 All Rights Reserved.