【50代でせどり隠居生活】公式ブログ

 あなたもせどりで隠居しませんか?会社を辞めて1日3時間で安定月収70万の実践記(松尾幸典)

せどりあれこれ

値付けにポリシーを持つ

投稿日:

ここでのテーマは
価格政策です。
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
値付けにポリシーを
もちましょう、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
中古家電の
買い手である
お客さんのニーズは
 
大きくいえば
・安く買いたい
・高くても、
 良いものを
 買いたい
に、二分されます。
 
 
 
 
一方で、
売り手である
せどらーは
 
できるだけ
高く売りたい、
 
というニーズ(気持ち)が
あります。
 
 
 
 
これらの3つが
満たせたときに
双方にとって
良い結果が
もたらされる、という理屈で
 
私の基本的な
価格政策としては
 
価格2番手のポジションで
アマゾンの売り場に
出品することにしています。
 
 
 
 
 
 
お客さん都合だけで
考えると、
 
最安値で
良いものを
出品することですが、
 
それでは、
売り手としては
利幅が出ないので、
 
2番手で出して
その分の利幅を稼ぐと
いう考え方です。
 
 
 
 
 
 
 
 
値付けについては、
都度、仕入れ商品の
仕入れ値や状態等に
依存しがちですが
 
せどり数字の
コントロールのためには、
 
自分でポリシーを持って
仕入れに反映させていくという
逆のアプローチも必要です。
 
難易度が高いかもしれませんが
自分なりの値付けのポリシーを
持たれることをお薦めします。
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
 
 
 
 
P.S.
 
しかしながら、
上述しましたのは
基本的な価格政策であって
 
実際には、
例外も多々ありますし、
前提が変われば
方針も変わります。
 
もし採り入れられる場合、
手法(=2番手売り)を
そのまま、
採り入れるのではなく
考え方を
採り入れてください。
 
すなわち、
お客さんには
・価格ニーズ
・品質ニーズ があり、
 
自分には
・高く売りたいニーズがある。
 
これらの3つの
折り合いをつけるには
どうしたらよいのかという
考え方です。
 
 
 
 
 
 
かくいう私も、
自分の実績データを見ると
価格二番手で
売ったのは
全体の2割です。
↓↓↓
ここをクリック
※昨日示したデータの再掲。
 
 
これは、まだまだ
狙った通りに
結果がついてきて
いないことを
示しています。
 
 
 
 
 
 
もっと完成度が上がったら
具体的な有効手法としても
ご紹介しますので、
 
ここでは
価格政策を持つことの
意味合いを
感じ取っていただければと
思います。
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

-せどりあれこれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大半の人にあてはまる利益が続かない理由。

ここでのテーマは 利益が続かない理由です。 結論というか お伝えしたいことは 他人と差をつける発想を 持ちましょう、です。     傲慢な受け止めをされそうなので 言い方に気をつけ …

せどりの次は?

ここでのテーマは、 問屋仕入れです。         結論というか お伝えしたいことは   せどりの次を考えるときに 問屋仕入れは 有効な選択肢になる …

せどり収入を安定させるには

ここでのテーマは せどり収入を 安定させるには、です。     深いテーマですが、 最近いただいた質問に 関連して 改めて考える機会が ありましたので お話します。   …

若い世代が台頭しても。

ここでのテーマは 仕入れ先を広げる、です。     結論というか お伝えしたいのは   電脳せどりの 仕入れ先について まさに保存版とも いえるレポートが 出されましたの …

no image

さらに安定させるために

ここでのテーマは せどり数字を さらに 安定させるために、です。         結論というか やることにしたのは   年間での予算をつくり 業績管理 …

   

松尾幸典
49歳で会社を辞めて
専業せどらーに。
せどりは開始9か月で
月収70万になり、
隠居生活を過ごす。
詳しくはこちら


         
私のメルマガを読んでみませんか?
隠居生活を実現するための
時短・高利益・安定の3つを
同時に満たすせどりについて
ご指南します。
※メルマガは私の「せどり講座」です。

↓ご登録はこちら(プレゼント付き)。
*メールアドレス
お名前(任意。ニックネームでも可)


↓応援ください!(クリックください!)