LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

「ぼけますから、よろしくお願いします。」

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には90名以上が参加。 メルマガ購読者:3800名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは「ぼけますから、よろしくお願いします。」です。
結論というかお伝えしたいことは、身につまされる話だった、です。

 

 

日曜日は、フジテレビ系列のドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」をよく見ています。先週は、娘の視点から離れて暮らす両親の老老介護生活の話。映画化もされ、文化庁映画賞も受賞した作品で、タイトルは「ぼけますから、よろしくお願いします。」。身につまされたのは認知症が進む母親の話で、若い頃は社交的で友達が多くて前向きな性格だった、と。しかしながら、現在は、ぼけていくことにすごく不安を抱えながら生きる毎日。

一方で、わたしの母親も、社交的で、今も友達が多く、愚痴や不満を言っているのは一度も聞いたことがない前向きな性格です。幸いにして、今はまだ認知症の”疑い”ですが、この先の現実を見ているような気持ちになりました。

話は戻り、番組のラストシーンはひょっとして悲しい結末ではとハラハラして見てましたが、夫婦寄り添って歩く穏やかなシーンでした。60年の夫婦生活を経た夫婦像としても、理想を感じるものでした。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

後半のシーンで、それまで頑なに拒否していた介護保険を使って、ヘルパーさんを家に入れることを決断する場面がありました。介護はよく言われますが、一人で頑張りすぎないこと、わたしも、ようやく実感をもって、理解ができました。

今後、制度がどうなるかはわかりませんが、一人で頑張りすぎず、有効活用しないとですね。介護保険については、このサイトの説明が分かりやすかったです。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。


〈せどり初心者の方、必見です〉

せどりに興味はあるけど何を選べばよいのかわからないというあなたに、ぴったりのeBook(電子書籍)をご用意しました。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

せどりを本やネットで情報収集しても、どれが自分に合っているのか、さっぱりわからないということはないですか?人によって言うことが全く違う、と。

それもそのはず、せどりで世にあふれている情報はすごく表面的な内容です。

 

実際には、それぞれに拠りどころはあるのですが、いかんせん、世の中の多くの人が、”ラクして稼ぎたい”という気持ちを持っていますので、気持ちに合わせた結果、表面的なノウハウやテクニックの情報があふれることになってしまっています。

ただ、そうなると、せどり自体の捉えどころがいよいよ無くなります。
そこを解決すべく、まとめました。

 

ゴールはせどりの本質を知ること、です。

・せどりの儲かる仕組みは?
・副業の中でも簡単と言われる理由は?
・なのに、なぜ多くの人は辞めていくの?
・どうやったら続けられるの?

こうした問いに答えられますか?
答えを全て書きました。

 

これを読んで、ブレることなく、自分に合ったせどりを選んでください。最後は、流れ的にわたしのせどりをご案内していますが、それ以前はごくフラットに書いていますので、せどり自体への理解が深まります。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には90名以上が参加。 メルマガ購読者:3800名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.