LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

『2030年の世界地図帳』を読んでみた

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは『2030年の世界地図帳』を読んでみたです。
結論というかお伝えしたいことは、成り行きの先を見渡すのも大事です。

 

 

2030年、10年先のことなんてわからない、そう言われそうですが、自分のことはわからなくても社会のことは意外とわかるもの。例えば、日本は、10年後に65歳以上の人が1/3を占めるそうです。これは、人口動態なので、結構、外れないです。

含めて、あくまで、成り行きですが、今のままいったらこうなる、というのを知っておくのも大事。そう思わされたのが、落合陽一さんの新刊『2030年の世界地図帳』でした。
↓↓↓

 

タイトル通り、世界の話です。スケール大きすぎて自分に落とし込むの、難しそうです(落合さんも語っておられます)が、逆に、視野を広く持って、次の成長を考えるための”補助輪”として読んでほしいとも言われてます。

トピックとしては、世界経済や国際政治ですが、ご興味ある方には、すごく内容の濃い本です。じっくりと、腰を据えて読まれることをお薦めします。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

10年後つながりで、週刊SPAの今週号の特集「10年後貧乏になる人」扇情的ですが(すごくあおっていますが)逆に身近に感じます。ただ、貧乏になる人の習慣のTOP1が「1日のランチ代が500円以下」は大いに疑問でした。だから貧乏になるではなくて、貧乏だから500円以下という話ではないのか、と。でもまあ、読み物としては面白いです。※立ち読みしてみてください・笑

 

P.P.S.

新着レポートです。”ネクタイせどり”とのことです。いろいろ考えますね。
↓↓↓
こちら

ヤフオクでまとめて仕入れ、メルカリでバラ売り、と至って簡単な流れで、ネクタイならではの写真のとり方や配送方法など、細かいところまで書いてあり、なるほど、これは継続して利益が出る感じがします。ニッチを深堀りするのも成功のセオリーですね。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.