49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

サラリーマンが知っておくべき、税金・社会保険の話

    
\ この記事を共有 /
サラリーマンが知っておくべき、税金・社会保険の話

今日のテーマは、惜しみなく奪われるサラリーマン、です。
結論というかお伝えしたいことは、税金・社会保険のことを知りましょう、です。

 

 

このところ、インフルエンサーのマナブさんのSNSをよく見ています。それで、お薦めの本とされていた『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』を読みました。発刊は2002年と、もう15年以上前ですが、中身は全く古びていないです。有名な本なのでご存知かもですが、わたしも、このたび再読でした。

 

一言でいえば資本主義の仕組みが学べる、壮大な書。引き合いに出したいトピックはいくつもありますが、特に”惜しみなく奪われるサラリーマン”というくだりがあり、国からの税金と社会保険の取り立てに対してサラリーマンがいかに無力か(もっといえば、無自覚か)が書かれています。税金と社会保険については、詳しい知識は持っていなくても、少なくとも問題意識だけは、持っていたほうがよいです。というのも、これからの時代、ますますサラリーマンは狙い撃たれ、負担が増してくるからです。

 

わたしも、思い起こせば、会社員時代は、年々、保険料がちびちびと上がっていくことに対し、なすすべもなく、ただ、不安だけが募っていました。が、今は、会社を作ったので、コントロールがだいぶ効くようになり、気持ちもラクになりました。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

話は変わり、新着レポートです。
アマゾンのサブアカウントの作り方ですが、実際にはアカウントが停止になったときの対応手段としてご確認ください。ていねいに、簡潔に書かれていてわかりやすいです。
↓↓
こちら

これは、保存版ですね。もしものときに備えて、保管しておいてください。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.