LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

父親が号泣したときのことを思い出した

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、父親が号泣したときのことを思い出したです。
結論というかお伝えしたいことは、感情を大事にする時代へ、です。

 

 

先日、話題の『ハートドリブン』を読みました。
↓↓↓
ハートドリブン目に見えないものを大切にする力(NewsPicksBook)[塩田元規]

著者であり、株式会社アカツキの代表取締役の塩田さんのエピソードが語られるなかで、塩田さん自身の号泣シーンが何度か出てきます。

それで思い出したことがあって、わたしの父親は、昭和初期生まれ。おそらくは、”男は泣かないもの”だという既成概念で、母親(わたしの祖母)が亡くなったときも、涙一つ見せなかったです。そんな父も亡くなる数日前、「今までありがとう」と号泣しました。わたしは初めて見たのでショックを受けました、でも、いい意味で。

 

これからは、AIやロボットが人間を代替するといわれますが、たぶん、感情の部分はしばらく代替できないです。そうなると、感情が前面に出てくるエンタメ分野がこれからの時代の成長分野となりえる。そこに、いち早く着眼した塩田さんは、感情を大事にすることでエンタメ分野ならではの成功のペースを掴んだ、ということかと思いました。わたしにとっては難しかった『ハートドリブン』が、何となく読み解けた気がしました。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
わたしの甥っ子は今、大学一年生ですが、就職はどうしようって、兄や兄嫁との話のなかで、今から話題にのぼることがあります。わたしの意見としては、少なくとも、これからは終身雇用は無くなるので1つの会社に固執することはない、とまではいえても、その先がいえなかったです。

が、これからは、会社ではなく業界(成長業界)を見定めて就職先を探すのがよさそうです。先日「小学生男子の興味ある職業ランキング」が出ていて、動機は現実と合っていないかもしれないですが、結果的に、いい線、いってます。
↓↓↓
こちら

 

P.P.S.
話は変わりますが、国の年金政策で、これは珍しく朗報。
↓↓↓

 

従来の政策は「働く高齢者には年金は出さない。なぜなら、年金出すと働く意欲が失せるから」という理屈でしたが、それは全く的を外していることを当時、書いたことがありました。
↓↓↓

そのことに、ようやく国も気づいたのか、月収62万円までは年金を減額せず、という検討がなされているとのことです。うまく着地してほしいです。

 

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.