あなたも、せどりで隠居生活しませんか?

わたしのせどりが50代にぴったりな3つの理由

せどりはだんだん難しくなっている?

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは、せどりはだんだん難しくなっている?です。

結論というかお伝えしたいことは
少なくとも難しいところは以前から変わらないです。

 

せどりはやる人が増えて、競争が激しくなって、
稼ぐのが難しくなっているのか?

最近、そう聞かれることがあり、
思い出したことは、わたしが
せどりを始めたばかりのとき(2016年1月)に
学んでいたせどり塾の塾長へのこんな質問でした。

↓↓↓
値付けについて質問です。
私はモノレートで直近で売れた最安値を売値と想定して
半額を入札額としていますが、何かずれている感触が
あります(あまり落札できないです)。
塾長が発信されていた事例を見ると売値がもっと高く
なっている気がします。基本的な値付けの仕方が
違っていますか?

 

回答は後述しますが、
”最安値を基準にしてその半額を入札額にして
仕入れても落札できない”というのは
このとき(2年半前)からすでにそうだった、ということです。

つまり、そんな単純な仕入れ方法では当時も落札できていないです。

 

当時、せどらーが今より少なかったのはきっと事実です。
一般論で、せどりは飽和した、とよく言われますが、
わたしの記憶をたどると、ここ2年半、折りに触れ、
よく言われてきましたし、きっとこれからも言われ続けます。
でも一方で、稼ぐ人は変わらず稼ぐというのもこれからも続くことです。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
なお、このとき、塾長からいただいた回答は以下でした。

↓↓↓
値付けの仕方は違っている。
違っている点は2つある。
・落札相場を見ていないこと
・高値でも売れること

 

こうした原理原則は、時を経てもなお変わらないものです。
何が変わるのか、何が変わらないのかをみていくことが大事です。

 

一方で、このときから変わったのは、ツールの進化です。
例えば、落札相場は2年半前であれば、
ヤフオクの画面から1商品ずつ見なくてはいけませんでしたが、
今では、”電ブレ”を使ってデータ出力すれば、
即座に全商品一覧で見れます。

やっていることの基本は同じでも
ツールによる効率化は大きく進んでいるように感じます。

 

それでは。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

満員御礼いただいた
「せどり隠居セミナー」資料の
Lite版を無料で配布しています。

全8ページに凝縮していますので
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに取り入れてください。



*メールアドレス
お名前(姓)
<ご注意>
ダウンロードボタンを押すと、メルマガの会員として登録されます。
登録後の自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
メルマガも自動で配信が開始されます。
同意される方のみ、ダウンロードをお願いします。
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代向けの隠居せどり、お教えします。 , 2018 All Rights Reserved.