LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

人生で大事な3つのこと。

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
人生で大事な3つのこと、です。
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
1.生きていくこと(食いはぐれないこと)
2.楽しむこと
3.世界を知ること です。
 
※受け売りです。
 
 
 
 
 
 
 
 
わたしは、
好きな作家のひとりに
村上龍さんがいますが、
 
先日、この小説を読んでいて、
↓↓↓
ここをクリック。
 
 
 
 
(小説の中身は、
一言でいうと
 
50代の男性と、
30代の女性との
不倫の話です)
 
 
 
 
作中で、
女性が、
 
「誇りを持てる
 仕事っていいなー」と
 
言ったとき、
主人公の男が
答えるシーンがあります。
 
 
 
 
 
 
「人生で大事なのは、
 
 生きていくこと(食いはぐれないこと)
 楽しむこと
 世界を知ること、の3つ。
 
 仕事に誇りを持て、って
 いう人がいるけれど、
 それは
 無責任な話。
 
 食いはぐれないことの方が
 すごく大事」
 
 
説教めいてますが、
感じ入りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
わたしは、普段から
時間があるので
いろいろなことを考えますが、
 
最近、思うのは、
 
死ぬまで、
食いはぐれずに
生活できるのだろうか、と
いうことで、
 
今は運よく、調子よくても
 
まだ人生は40年くらいは
残っていますので、
 
途中で、例えば、
何歳まで働くのかとか、
いろいろな決断と岐路が
ありそうです。
 
 
 
 
 
 
ただ、一方で、
その心配があるから、
やっていける面があって
 
今のところ、
心配が緊張感に変わり、
せどりも、サボらずに
やれるので、
 
それはそれで
よいのかなと思ってます。
 
 
(自分のことばかり書いて
 失礼しました)
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
わたしは、
今の隠居生活に、
”ゴールイン感”が
あるのですが
 
ゴールって、
居続ける場所ではなく
 
 
 
 
もう、20年くらい前、
タレントの
鈴木杏樹さんが
医者と
結婚されたとき、
 
週刊文春に、
 
「人生がすごろくとすれば、
 ”あがり”に入った」という
記事が出ました。
 
 
が、
 
その後、
若くして旦那さんと
死別されるなど、
 
やはり、
”あがり”にも
続きがあるものです。
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2018 All Rights Reserved.