あなたもせどりで隠居しませんか?

ビジネス隠居セミナー第11回動画、公開しました。

無在庫ってどうなの?

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
無在庫って
どうなの?です。
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
儲かる仕組みが
成立するか、
見極めるのが大事です。
 
 
 
 
 
 
 
 
無在庫販売って
ありますね。
 
 
注文があったら
 
そのときに
初めて仕入れて
販売するというもの。
 
 
 
 
わたしも
物販やっている限り
あこがれます。
 
 
なぜなら、無在庫は
物販での最大のリスク
不良在庫化から
解放されているからです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかしながら
無在庫は
無在庫で、リスクがあります。
 
 
それは、以下の2つです。
 
(1)仕入れ先の在庫が切れる。
 →仕入れできない
 
(2)仕入れ値が高騰する。
 →赤字になる
 
 
逆に言えば、
これらが解決すればよいと
いうことになります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
わたしは
他人のメルマガやブログは
ほとんど読まないですが、
 
先日、
上記のわたしの
思考にそった
記事があり、
興味を惹かれました。
 
 
一言でいえば
ツールで、
2つのリスクを
回避するとのこと。
 
 
ちなみにこちらの記事です。
↓↓↓
ここをクリック。
 
 
(Amazonではなく
 ヤフオクで販売すると
 いうのも
 良い着眼のように
 思えます)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、
最後の決め手は
完全自動化されて
”いない”かどうかです。
 
 
”いること”ではなくて、
”いないこと”が大事で、
 
なぜなら、
完全自動化は
誰でもできるということ
ですので
 
構造的に
”飽和”を暗示します。
 
 
 
 
 
 
完全自動化されておらず、
人のスキルが
介在する設計に
なっていれば、
 
飽和から逃れる
余地があり、
 
そのときは
かなり、
”買い”のツールの
ように思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
ひさしぶりに、
興味をひかれ
 
ツールの
詳細情報の開示を
待っています。
 
もし良さげでしたら、
情報共有します。
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
こちらのレポートは
↓↓↓
ここをクリック。
 
無在庫の上をいくという
販売モデルが紹介されてます。
 
 
その通りですが、
 
これも飽和を
回避する仕掛けが
あるか、が
決め手になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

 

隠居セミナー資料Lite版 プレゼント

大盛況を博しました隠居セミナー資料のLite版
メルマガ登録でプレゼントします!ぜひお受け取りください!

↓メルマガのご登録はこちらから。



*メールアドレス
お名前(姓)
ご登録いただきますと
自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
メルマガも自動で配信が開始されます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代向けのせどり、お教えします。 , 2018 All Rights Reserved.