お気軽にご連絡ください→

あなたもせどりで隠居しませんか?

老後の収入不安も一挙に解決できるせどりとは?

毎日が日曜日。

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
毎日が日曜日、です。
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
左遷(させん)こそチャンスです。
 
 
 
 
 
 
 
 
『毎日が日曜日』というのは
1975年に新聞連載され
のちにベストセラーになった
社会派小説です。
↓↓↓
ここをクリック。
 
作者は城山三郎さん。
↓↓↓
ここをクリック。
 
 
 
 
わたしは、子どもの頃
タイトルだけ知って
毎日、日曜日って
いいな、と
単純に思ったことが
ありましたが、
 
最近、ふと思いついて
読む機会があり、
中身を知ったところ、
 
左遷(させん)されていく
サラリーマンの話でした。
 
 
 
 
 
 
左遷先では
仕事がないので
いいな、という
 
同僚からの、
皮肉をきかせた
屈辱的な
はなむけの言葉が
”毎日が日曜日”でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、この小説は
1970年代の話です。
 
今の時代は、
左遷されて
暇な部署に移ったら、
 
したたかに、
副業を
始めればよい、です。
 
 
 
 
わたしの、25年の
会社員経験を
持ち出すまでもなく、
 
暇な部署は、
早々に潰れます。
 
 
とともに、
在籍していた社員には
 
あとから
リストラ勧告が
ついてくることも
想定しておかないと
いけないです。
 
 
その意味でも、
次の転身を
考えた方がよくて
 
今の時代は
その環境も整ってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
P.S.
 
最近知りましたが
 
リーマンショック以降、
世界の潮目も変わり、
 
猛烈に働く
ビジネスマンは
時代遅れ、と
されているそうです。
 
 
 
 
スターバックスが
動詞化された
Starbucksedという
言葉があり、
 
ひたすらに
身を粉にして働く
会社員を
皮肉った言葉として
使われるそうです。
 
↓↓↓
ここをクリック。
 
 
 
 
 
 
 
 
P.P.S.
 
話は変わりますが
新着レポートです。
 
0円仕入れと
謳ったものは
多いですが、
 
従来とは全く異なる
新手の手法。
↓↓↓
ここをクリック。
 
 
しかし、
こんなところに
需要があるとは!?と、
 
ビジネスセンスの
良さを
感じました。
 
 
 
 
リスクが低く
やる人も少なそうで、
 
これは
やったもんがちですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

 

満員御礼いただいた
「せどり隠居セミナー」資料の
Lite版を無料で配布しています。

全8ページに凝縮していますので
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに取り入れてください。



*メールアドレス
お名前(姓)
<ご注意>
ダウンロードボタンを押すと、メルマガの会員として登録されます。
登録後の自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
メルマガも自動で配信が開始されます。
同意される方のみ、ダウンロードをお願いします。
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2018 All Rights Reserved.