あなたもせどりで隠居しませんか?

「時分の花」と「まことの花」。

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
「時分の花」と「まことの花」です。
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
年齢を重ねるのも
悪いことばかりではない、です。
 
 
 
 
 
 
ゴールデンウィークも半ばですが、
いかがお過ごしですか。
 
わたしは、先日、
ゴールデンウィークの読書用に
この本を買いました。
 
↓↓↓
ここをクリック。
 
 
室町時代の能役者の
世阿弥という人の本で、
 
かの有名な、
”「時分の花」と「まことの花」”
という言葉が出てきます。
 
 
その時限りの「時分の花」を
まことの花と思いこむのは
愚かなことで、良い時こそ
初心に戻り謙虚に精進すべし、と
いう内容です。
 
 
一言でいえば、
良い時こそ、
気持ちを引き締めよ、という
ことでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
それから、
年齢に応じた能役者の説明の中で、
 
50歳を超えた能役者には
その人の本質とか個性の次元で
最後の花が残る。
 
それが「まことの花」というもの、
と表現されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
最近思うのは、
年齢を重ねてこそ、
理解が深まる物事があるということです
 
”「時分の花」と「まことの花」”も
しみじみと心に沁みました。
 
 
そう考えると、
年齢を重ねるのも悪くない、です。
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
P.S.
 
全く関係ないですが、
 
乃木坂46の立ち上げ時の立役者、
生駒里奈さんが卒業しましたね。
 
 
わたしは
アイドルがグループを卒業したとき
勝手に、自分が会社を辞めたときを
重ねることがありますが、
 
彼女が「やりきった」と言っていたのを
きいて、ほっとしました。
 
 
 
 
 
 
「やりきった」というのは
見方を変えると、
 
周りが、
次のステージを作れなかったと
いうことも意味してますが、
 
彼女は、さらに
「卒業が早いと言われることが
 自分へのプレゼント」
と、言ってみせて、
 
周りへの気遣いもしているところが
立派でした。
 
 
 
 
 
 
P.P.S.
 
あまりにせどりと関係ないことを
書いたので、埋め合わせという
わけではないですが、
 
ゴールデンウィークは
即決案件が増えている感触が
ありませんか?(わたしは
あります)。
 
 
電ブレをお持ちであれば、
フリマモードを使うのも
よいですよ。
 
↓↓↓
ここをクリック。
 
お試しください。
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2018 All Rights Reserved.