お気軽にご連絡ください→

あなたもせどりで隠居しませんか?

老後の収入不安も一挙に解決できるせどりとは?

仕入れるのが怖いときはないですか?

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
仕入れるのが怖いときには、です。
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
条件をたくさん満たした
確実に売れる商品を
執念深く見つけましょう、です。
 
 
 
 
 
 
あなたは
仕入れるのが
怖いときはないですか?
 
売上不振で、
どうせ仕入れても
売れないのではないか、と
 
悲壮感を持つことは
ないですか。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなときには、
たくさんの条件を満たした
確実に売れる商品を
見つけることです。
 
 
中古家電せどりの話ですが
具体的には、
 
・1か月1回以上売れているもの
・最安値で出品しても利益がでるもの
 
で、
それから、念を入れて
値崩れリスクを回避するために、
 
・最安値が低下傾向にないもの
・出品者が少ないもの(10人未満)
 
を仕入れ条件に加えて、
仕入れたものを出品し、
じっと、1か月待つことです。
 
 
 
 
最後の条件だけ補足しますと、
 
出品者が多いということは
売れないときに
価格改定をしてくる人が
出てくる確率が多いので
 
出品者が少ないもの、と
しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、こんな好条件の仕入れ商品は
なかなか出現しないので、そこは
数でカバーするしかないです。
 
 
それで、
お伝えしたかったのは、
 
悲壮感って
 
うまく裏返せば
執念になるような気がして、
 
不振のときこそ、
投げやりにならず
 
執念に変えて
数をこなしてみて
ください、ということです。
 
 
 
 
 
 
たくさん見るということは
シンプルに、
たくさん見つかるということを
意味しますので、
 
誰でもできることで、
結果もついてきます。
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
わたしに仕入れが怖いときが
あるのかというと、
 
ないのですが
 
(ないんかい、という声が
 聞こえてきそうですが)
 
 
 
 
今日の話を思いついたのは、
 
AbemaTVで
麻雀番組を見ていたときのこと、
 
負けが込んだ、
ある麻雀プロの方が、
 
「弱気は禁物だけど、
 不安で仕方ない」と
 
言われてました。
 
 
 
 
 
 
せどりは
麻雀に比べると
メンタルの影響を
受けにくいと思いますが、
 
それでも、仕入れのときに
弱気になることは
マイナスなので
 
なんとか、
プラスに転じる方向は
ないものか、と考えた
ことからでした。
 
 
 
 
 
 
P.P.S.
 
 
そうはいっても
仕入れられないときの
具体的な対処法について
 
整理しましたので
よろしければ
あわせてご覧ください。
 
↓↓↓
 
「仕入れられないときには」
ここをクリック。
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

 

満員御礼いただいた
「せどり隠居セミナー」資料の
Lite版を無料で配布しています。

全8ページに凝縮していますので
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに取り入れてください。



*メールアドレス
お名前(姓)
<ご注意>
ダウンロードボタンを押すと、メルマガの会員として登録されます。
登録後の自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
メルマガも自動で配信が開始されます。
同意される方のみ、ダウンロードをお願いします。
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2018 All Rights Reserved.