49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

もしも、今も会社員だったら【やはり居場所なかった感】

  
\ この記事を共有 /
もしも、今も会社員だったら【やはり居場所なかった感】

ここでのテーマは、もしも、今も会社員だったら、です。
結論というかお伝えしたいことは、やはり居場所なかった感があります。

 

 

わたしは会社を6年前に辞めました。当時49歳です。ときどき、前いた会社のことをネット検索します。当時、優秀と思ってた人は順当に部長に出世されてました。

わたしは、辞める前でも部内で最年長に近かったです。そして平社員。少数の同年代は課長以上の役職でした。そして、そんな人たちは、部のイベントでも年長者感を出されてました。

一方で、わたしは、イベントを盛り上げることもなく「もっと発言してください」と言われる始末でした。

 

昼食もひとりで食べてました。というか、おにぎり2つ、自席で5分で食べて終わり。でも、仕事はずっとしてました。起きてから寝るまで可能な限り仕事時間。

社内はなんだかすぐ疲れるのでマクドナルドを拠点に持ち帰り仕事。家の近くの三軒茶屋店には週に7回以上行ってました。

マクドナルド 三軒茶屋店の画像1

そんななか、事件が。電車の網棚にカバンをおいてそのまま降りました。カバンにはパソコン、要は、個人情報が入ったものを紛失。

幸い、すぐに見つかりました。遺失物が集約されてる駅にありました。このとき、感じたのが、ああ、もう会社員、続けててはダメだ、ということ。

 

 

余談ですが、麻雀漫画『天』で天才といわれた赤木が、退場を決意するシーンがあります。めくった牌を事前に言い当てることができなかった。

敵の大将の原田からは、そんなこともあるさ的なことを言われたけど、決意は固かったみたいなシーンがありました。こちらが締めくくりの一コマ。
↓↓↓


※カッコイイです。

 

わたしは赤木みたくカッコよくはないですが、心境は似てました。ああ、もう会社員、続けててはダメだ(=退場しよう)とひそかに思った機会でした。

なんだか暗い会社員人生の晩年ですね。ただ、当時は、悲壮感なくわりと無感情で淡々とやってました。いつも仕事は手一杯なので考える暇もなかったです。でも、居場所なかった感はやはりずっとありました。

 

 

一方で、現在。長くなりましたので、一言だけいえば、居場所がなくても全然気にならないのがラクなこと、この上ないです。

収入をきちんと作っていれば、社会からも後ろ指をさされることはないです。会社辞めてからせどりを始めてお金・時間・気持ちの3つの自由を得ました。このうち、気持ちの自由がいちばん大きかったことを改めて思います。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。
それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(NEW!2022年版です)
 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.