49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

会社の辞めどきっていつ?【結局、辞めたあとに2つのことができるか】

  
\ この記事を共有 /
会社の辞めどきっていつ?【結局、辞めたあとに2つのことができるか】

ここでのテーマは、会社の辞めどきっていつ?です。
結論というかお伝えしたいことは、結局、辞めたあとに2つのことができるか、です。

 

 

会社の辞めどきっていつ?よく言われるのに、”事業収入で会社給与の3倍説”がありますね。どういうことかというと、今の会社給与が30万円だとしたら、事業収入が90万円に達したら辞めどき。事業をやるのは、そのくらいリスクがあるということです。

その点、過去のわたしはどうだったか?といえば、まったく気にしてなかったです。会社を辞めたとき、会社給与は40万円で、せどり利益は25万円でした。3倍にはぜんぜん足りてませんでした。なのに、なんで辞めたか?これは、無知だったからです。無知ゆえに、こわいものなしでした。

 

その後、いろいろと知識と経験がついた今、改めて思うことは、結局、辞めたあとに2つのことができるかです。

1つめは、普通に税金を納めないことです。なぜなら、税金と保険料が収入を大きく下げる”諸悪の根源”だからです。会社員には必殺の天引きシステムがあります。

なすすべなく、がっぽり、税金・保険料をもっていかれます。この点、知識がついたら、いくらでも対抗策(節税策)があるのです。ただ、話すと長くなりますので、くわしくはこちらの記事をご覧ください。
↓↓↓

2つめは、収入に応じて支出を変えることです。生活が苦しいってどういう状態?これは、支出 > 収入 の1点のみです。なので、その心づもりと、具体的な収支設計ができればこわくないです。これも具体的にはこちらの記事に書きました。

↓↓↓

これら2つ、会社を辞めた後、生きていく術としてすごく重要と思っています。経験を積みながら修得していく部分もありますが、心づもりとして持っておくとぜんぜん違います。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

挙げた2つ、わたしはどうか?まず、1つめの節税。これはバリバリやってますよ。国は、税金の使い方が決して上手ではないです。なので、心おきなく節税に燃えてます。

次に、2つめの 収入 > 支出。これも、できてます。が、会社員時代に比べ、収入が下がらなかったので、できた、ということになるのか分かりません。

もし収入が大きく減ったとき、応じて、支出が下げられるか?これは、正直、心もとない面もあります。というのも、わたしの嫁は「生活水準を下げたくない」と言ってるからです。

嫁を見てると、ゲーテの古典名作の『ファウスト』を思い出します。ファウスト、知ってますか?
↓↓↓

[ゲーテ, 相良 守峯]のファウスト 1 (岩波文庫)

悪魔に魂を売る代わりにすべての欲望をかなえる話です。でも、欲望が尽きないのは人間だもの、ということかもしれません。人間らしいです。冷血人間のわたしとは真逆です。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(NEW!2022年版です)
 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.