【50代でせどり隠居生活】公式ブログ

 あなたもせどりで隠居しませんか? 会社を辞めて働くのは1日3時間で安定月収70万の実践記(松尾幸典)

せどりあれこれ

思いがけず安く仕入れられたとき、どうしてますか?

投稿日:

ここでのテーマは
 
思いがけず、
安く仕入れられた
ときには、です。
 
 
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
安く仕入れられた分、
売値を安くして
みましょう、です。
 
 
 
 
あなたは、
狙っていた商品が
 
思ったよりも
安く仕入れられたときは
どうしていますか?
 
何もしない?
 
 
 
 
 
 
わたしは、これまでは
何もしていなかったです。
 
 
何もしないと
いうのは
予め決めていた売値で
出品するだけ
ということですが
 
最近の試みとして、
安く仕入れられたら
その分、
売値を安くして
出品しています。
 
 
 
 
具体的には、
利益率20%を
上限にして
超えた分は
値下げして
出品しています。
 
 
 
 
この効果は
もちろん
早く売れる
(=回転が良くなる)と
いうことです。
 
 
 
 
 
 
あなたも
仕入れた商品が
全般的に
なかなか売れないと
感じていたら
 
試してみては
いかがですか?
 
 
ピンポイントの
テコ入れになり
全体の回転率が
好転します。
 
 
 
 
 
 
 
 
また、
この方法の
良いところは、
 
出品時点での
価格操作であり
 
”損切り”ではないので
赤字に直結しない
ところです。
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
ただし、ご注意。
 
上の方法が
効果的なのは
時と場合によります。
 
 
 
 
最近の試みと
書きましたように
 
わたしは
最近のテーマとして
”在庫のスリム化”を
掲げてます。
 
 
つまり
いまは利益よりも
回転率を重視し
 
在庫が増えて
いかないように
気をつけています。
 
 
 
 
要は
時と場合に応じて、
 
目的にあわせた
手段を選ぶのが
大事です。
 
 
 
 
 
 
 
 
P.P.S.
 
関係ないですが、
 
私が仕入れに
失敗したと
反省していた商品が
つい先ごろ、
売れました。
 
↓↓↓こちら
https://www.amazon.co.jp/dp/B00L067CXQ/
 
4万円仕入れの
6万5千円販売です。
 
 
 
 
 
 
実は、
モノレート上、
厳しい商品で
 
↓↓↓
ここをクリック。
 
 
何となく
流行っている
雰囲気で
仕入れてしまって
不良在庫化を
覚悟してました。
 
一方で、売るなら
年末商戦の
この時期にしかないと思い、
値下げしたのが
上手くいきました。
 
 
 
 
 
 
あとは
返品が来ないことを
祈るばかりです。
 
(高額商品は
 インパクトが
 大きいですので)
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

-せどりあれこれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

何の仕事と聞かれたら

ここでのテーマは 自分の仕事を 何と説明する?です。     せどらー(特に、 専業せどらー)には あるある、だと 思います。       &nbsp …

せどり収入を安定させるには

ここでのテーマは せどり収入を 安定させるには、です。     深いテーマですが、 最近いただいた質問に 関連して 改めて考える機会が ありましたので お話します。   …

メーカー仕入れは、せどりと違って○○○○です。

ここでのテーマは   メーカー仕入れは せどりとは違って ビジネス、です。   ※○○○○の中身は  ビジネスでした。         結論 …

目の前のことを一生懸命やればいい、って本当?

ここでのテーマは   目の前のことを 一生懸命やればいい、って 本当?です。         結論というか お伝えしたいことは   せどりも …

Amazon画面改訂に気づいてますか

ここでのテーマは Amazonアカウント サービス画面の 改訂です。           結論というか お伝えしたいことは   せどらーに …

   
申込み受付中です こちらから 
   

松尾幸典
49歳で会社を辞めて
専業せどらーに。
せどりは開始9か月で
月収70万になり、
隠居生活を過ごす。
詳しくはこちら


私のメルマガを読んでみませんか?
初めて隠居せどりを知る人向けの
ゼロベースからのせどり基礎講座です。
詳しくはこちら


↓ご登録はこちら(プレゼント付き)。
*メールアドレス
お名前(任意。ニックネームでも可)

         
     

↓応援ください!(クリックください!)