49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

実家の空き家問題、どうする?【壊すつもりではある】

  
\ この記事を共有 /
実家の空き家問題、どうする?【壊すつもりではある】

ここでのテーマは、実家の空き家問題、どうする?です。
結論というかお伝えしたいことは、壊すつもりではある、です。

 

 

先日、福岡移住のことを書いたら、何人かの方から反響をいただきました。
ありがたかったです。
↓↓↓

移住ではありますが、東京に家は残します。
なぜなら嫁が住むので。

すなわち、今回の件は、嫁との別居生活開始でもあります。
これが心残りです。

東京には、今のところ、2か月に一度、1週間程度、帰ってくるつもりです。
2拠点生活で、ほぼほぼ福岡にいる、という感じにします。

 

ところで、わたしは暇なので、先のことをよく考えます。
先日、『しくじり先生』という番組で実家の空き家問題をやってました。
↓↓↓

先生は松本明子さん。
親が亡くなったあと、ただ維持費をかけてしまった結果、累積1600万円のしくじりをした、と。

これ、自分ごととして考えると、わたしは東京(都会)が好きなので、母親がいなくなったら福岡にいる意味はないと思っています。
わたしは母親が亡くなったら、実家はすぐさま取り壊す、が今の気持ちです。
※松本明子さんはわたしと同い年の55歳。
 実家の空き家問題は同世代の共通する問題ですね。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
5年前、実家を査定したら、800万円の値段がつきました。
意外に、高かったです。

が、5年前なのでだいぶ値下がりしてると思われます。
なぜなら、空き家はどんどん増えていますのでね。

日本は、高齢化社会と言われますが、当然、その先、高齢化した人は死んでいきます。
住宅費はさがり、どこででも住める時代がやってくる気がしますね。

家・建物のイラスト「2階建て一軒家」

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル 入門編』(無料です)
 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2021All Rights Reserved.