【50代でせどり隠居生活】公式ブログ

 あなたもせどりで隠居しませんか? 会社を辞めて働くのは1日3時間で安定月収70万の実践記(松尾幸典)

せどりあれこれ

せどりの広げ方

投稿日:2017年10月4日 更新日:

ここでのテーマは
せどりの広げ方です。
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
せどりを広げる際には、
その後、
どんな経過をたどるかを、
予め想定しておけると
良い、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
アマゾンの出品申請が
通過しやすくなっていますね。
 
特に、いま、
食品、ヘルビ、ドラッグは
実績のある出品者については
ボタンを押すだけで
承認されるみたいです。
 
↓↓↓詳しくはこちら。
ここをクリック。
 
(私も、難なく承認されました)
 
 
 
 
 
 
これは、アマゾンが
新規参入を
呼び込んでいる、と
いうことですので
 
有望なカテゴリーであることは
おそらく間違いないですが、
 
自分も参入した方が良いのか、は
どう判断しますか?
 
 
 
 
 
 
 
 
私の見解ですが、
 
まずは、
これから成長する市場には
参入するだけで
おこぼれにあずかれます。
 
早く参入すればする程、
成功確率と規模が
大きくなります。
 
 
 
 
 
 
ただ、遅くなると、
時間の経過とともに
 
市場の成長は鈍化し
ライバルも増え、
稼げなくなります。
 
 
 
 
 
 
 
 
もし、
そうなっても
変わらず
稼ぎ続けるには
 
時間の経過とともに
自分独自の強みを
築いておく必要が
あります。
 
 
例えば、
分かりやすいのは
目利きの力、で、
 
経験を重ねながら
商品知識をつけ、
 
経験が浅い人には
利益が出るか否か
分からない商材を
見極められるように
なることです。
 
 
 
 
 
 
 
 
上記の流れは、
ビジネス一般の
倣い(ならい)ですので、
 
予め想定したうえで、
自分の方針を決めることが
得策です。
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
いま、ペットせどりも
流行ってますね。
 
販売手数料も
もともと、15%のところ
期間限定で7.5%ですので
 
これまた、
アマゾンが新規参入を
呼び込んでいる気がします。
 
始める方向けの
レポートがありましたので
ご興味ある方は
ご一読ください。
 
↓↓↓
ここをクリック。
 
 
 
 
それでいえば、私も、
犬を長く飼っていますので
 
犬向けの商品には
詳しくなりました。
 
 
私の意向ではありませんが
特に、
高額商品(服、かばん等)を
長年にわたり、
たくさん買ってきました。
 
 
 
 
そう思うと、
ペット産業には
だいぶお金を落として
きましたので
 
そろそろ、
回収してもいい頃かも
しれません・笑
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

-せどりあれこれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

隠居せどりの2つの面。

ここでのテーマは 隠居せどりの 2つの面です。         結論というか お伝えしたいことは   せどり手法として、 他にない圧倒的な面と 他と同 …

アマゾンはどう動く?

ここでのテーマは アマゾンはどう動く?です。         結論というか お伝えしたいことは   昨今の詐欺報道を受け、 アマゾンが 出品者への取り …

不安なことがあっても。

ここでのテーマは 不安なことが あっても、です。     結論というか お伝えしたいことは   不安があるからこそ、 前に進めるものです。     & …

せどりをやるのは何のため?

ここでのテーマは せどりをやるのは 何のため?です。     結論というか お伝えしたいことは   社会を良くするため、という 要素があると 先々の展望が 開けるように思 …

真贋調査にはこの手があった。

ここでのテーマは、   Amazonからの 真贋調査には この手があった、です。         結論というか お伝えしたいことは   修理 …

   
申込み受付中です こちらから 
   

松尾幸典
49歳で会社を辞めて
専業せどらーに。
せどりは開始9か月で
月収70万になり、
隠居生活を過ごす。
詳しくはこちら


私のメルマガを読んでみませんか?
初めて隠居せどりを知る人向けの
ゼロベースからのせどり基礎講座です。
詳しくはこちら


↓ご登録はこちら(プレゼント付き)。
*メールアドレス
お名前(任意。ニックネームでも可)

         
     

↓応援ください!(クリックください!)