あなたもせどりで隠居しませんか?

ビジネス隠居セミナー第11回公開しました。

Amazonが強いことの意味

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
Amazonが強いことの
意味です。
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいのは
 
Amazonが強いのは
せどらーにとって
まずは大事なこと、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
先日の日経新聞で、
米国のことですが、
 
トイザラスとGAPの経営が
苦境に陥っているとの
報道がされてました。
 
↓↓↓全文は有料会員のみ。
ここをクリック
 
そして、その背景に
Amazonの躍進がある、と。
 
 
 
 
 
 
 
 
せどらーの立場では
Amazonとは戦う機会も
ありますが(例:補てんを
巡って)
 
そもそも
Amazonが強いことは
せどらーにとっては
安心材料です。
 
 
 
 
 
 
日本の系列会社体制について、
”親会社がくしゃみをすると
子会社が風邪をひく”という
言葉がありますが、
 
Amazonとせどらーは
それ以上の密接な関係が
あるように思います。
 
仮にAmazonが経営不振に
陥ったら、
せどらーにどんな厳しい
しわ寄せが来るのか
分かりません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
せどりは、
プラットフォームに依存する
ビジネススキームですので
 
その点では、
プラットフォーマーの
動向に気を配ることは
リスク管理の点で
大事なことです。
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
ちなみに、
ヤフオクも堅調とのこと。
↓↓↓
ここをクリック
 
スマホからの
利用者増加に
うまく対応できて
いるようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
P.P.S.
 
歴史をひもとくと、
 
トイザラスもかつては
大店法に風穴を開け
百貨店のシェアを奪って
隆盛を誇ったといわれます。
 
しかしながら、
ネット普及を背景に
いまは、Amazonに
シェアを奪われている。
 
今度は、将来、
Amazonを駆逐する企業が
果たして現れるのか。
 
 
いまはその気配は
なくても、
時代の移り変わりは
栄枯盛衰の移り変わりでも
ありますので、
 
それからすると、
現れるのも
時間の問題という
ことになります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代向けせどり、教えます。 , 2017 All Rights Reserved.