【50代でせどり隠居生活】公式ブログ

 あなたもせどりで隠居しませんか? 会社を辞めて働くのは1日3時間で安定月収70万の実践記(松尾幸典)

せどりあれこれ

月初の憂鬱

投稿日:2017年9月4日 更新日:

ここでのテーマは
月初の憂鬱です。
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
どんな状況でも
心配事は
ついてまわります。
 
うまく付き合うのが
むしろ大事、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は、毎月初めに
必ず大なり小なり
心配になることがあり
 
それは、毎月初めに
当月の目標数字を
作りますが、
果たして、その通りに
いくだろうか、です。
 
 
ただ、そうやって
気をもんでいても
 
これまでの通例でいえば
月末になれば
結果的には、
ほぼ目標数字で
着地しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結局のところ、
安定しているのですが、
 
そんな私でも
商売は水もの、と
いうことを
不意に感じて
不安になることがあります。
 
 
 
 
どうやら心配事は
どこまでいっても
ついてまわるので、
 
むしろ、
気を引き締めるために
心配事もまた良し、と
鷹揚に構えているのが
よいみたいです。
 
前に進むために必要、と。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
ちなみに
件名の「月初の憂鬱」は、
 
大正時代(←昭和の前です)の
作家である
佐藤春夫さんの名作
「田園の憂鬱」を
もじってみました。
 
とても”美しい”文章を
書かれる作家さんです。
 
そういう、たとえが
ぴったりの方です。
 
ご興味あれば。
↓↓↓
ここをクリック
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

-せどりあれこれ

執筆者:

関連記事

儲かるせどりって。

ここでのテーマは 儲かるせどりって、です。     結論というか お伝えしたいことは   せどりで儲けるには、 自分の優位を築けるかと いう視点が大事です。   …

no image

大半の人にあてはまる利益が続かない理由。

ここでのテーマは 利益が続かない理由です。 結論というか お伝えしたいことは 他人と差をつける発想を 持ちましょう、です。     傲慢な受け止めをされそうなので 言い方に気をつけ …

それを理解するには若過ぎた。

ここでのテーマは、 それを理解するには 若過ぎた、です。         結論というか お伝えしたいことは   知識は、 実際に使えてこそ、 役に立ち …

いま、やれることをやってますか?

ここでのテーマは いま、やれることを やってますか?です。     結論というか お伝えしたいことは   せどりは時短して、 いま、やれることを やりましょう、です。 & …

Amazonの変化に気づいてますか?

ここでのテーマは Amazonの変化です。         結論というか お伝えしたいことは   11月から Amazonの画面が 変わっていることに …

 

   

松尾幸典
49歳で会社を辞めて
専業せどらーに。
せどりは開始9か月で
月収70万になり、
隠居生活を過ごす。
詳しくはこちら


私のメルマガを読んでみませんか?
初めて隠居せどりを知る人向けの
ゼロベースからのせどり基礎講座です。
詳しくはこちら


↓ご登録はこちら(プレゼント付き)。
*メールアドレス
お名前(任意。ニックネームでも可)

         
 

↓応援ください!(クリックください!)


↓こちらも応援ください!(クリックください!)

せどりランキング